アラサー女性 | 手遅れにならないための婚活

アラサーの女性が結婚をするための方法をご紹介するブログです。アラサーでの婚活、かなり困難です。簡単ではありません。ですがそれは実はあなた次第。アラサーでも幸せな結婚をすることはできます。その方法をご紹介します。

アラサー女性で年収500万希望とか言っている女性が、なかなか結婚できない納得の理由

婚活をしても、なかなか結婚できない女性がいます。

もちろんそこにはいろいろな事情があるでしょう。

ですが、これは結婚できないだろう、という女性がいます。

それはひたすらハイスペックな男性を希望する女性です。

相手の男性の年収500万以上希望とか、プロフィールの希望欄に書いちゃうアラサー女性ですね。

そうした女性は、一種の婚活のネタみたいになってますよね。

でも本当にそうした女性はいるのです。

アラサーで、年収500万円以上希望、と言っている女性は、まず結婚できないでしょう。

でもそれはどうしてなのでしょう。

30dai-kekkon.hatenablog.com


年収500万円以上希望と言っちゃう女性が結婚できないわけ それはそのメンタルが原因

f:id:hirume:20170614224734j:plain

なんでそうした女性が結婚できないのでしょうか。

それは「クレクレメンタル」だからです。

男性から、もらうことしか考えていない、というわけですね。

男性の給料をあてにして、できるなら自分は働かず、楽に行きたい、という考え(メンタル)の持ち主です。

そうした女性は大概専業主婦希望とセットになっています。

ネットのお悩み相談に、「何故(私みたいな素晴らしい女性が)結婚できないのでしょうか」という悩みを寄せちゃう人です。

そうした悩みは、ネタとして扱われている感もありますが、結構本気で言っていたりします。

婚活サービスには、未だにこうした女性が存在しています。

親が今までしてくれたことをを、旦那にやってもらおうということですね。つまり「私の生活の面倒を見て!」ということです。

男性から見たら、なんであなたの生活を見なきゃいけないの? と思うわけで、当然結婚の対象から、真っ先に外されます。

問題はそうした女性は、自分が何がおかしいのか、わかっていない、ということです。

さらに何故かわかりませんが、自分には異常に自信があります。

こんな素晴らしい私だから、男性はつくして当たり前、ということですね。

意外とこのメンタルを持っているアラサー女性は多い!?

f:id:hirume:20170614224756j:plain

実はここまで酷くなくても、婚活をしている女性の中には、大なり小なり、こうした考えを持つ人が意外といるのです。

男性が自分のために何かして当たり前、という考えです。

生活は男性の収入だけでなんとかしたい、と考えていませんか?

今は給料もなかなか上がっていきません。ほとんどの世帯が共稼ぎをしています。それが当たり前なのです。

専業主婦などは、夢のまた夢。多くは夫婦ともに働くことで、世帯収入をあげています。

専業主婦ができるのは、一部上場企業の社員くらいです。

婚活で、そうしたハイスペックの男性を探すのは並大抵ではありません。

実際にそうした男性も婚活サービスに在籍しています。ですが、そうした男性は、自分の好きな女性を選べます。

人気がありますから、当然です。

その時に、

  1. 最初から男性の収入だけをあてにしている
  2. 収入をあてにせず、自分でも働いて家計を助けようとしている

という2種類の女性がいたら、当然②を選びます。

男性の立場にたったら、当たり前ですよね。

さらにアラサーの女性と、20代前半の女性がいたら、男性はどちらを選ぶでしょうか。

残念ながら若い女性を選ぶでしょう。

つまりアラサーで、相手の男性に高い年収を希望すると、結婚できなくなるのです。

結婚はお互いに助け合うこと そのことを今一度見つめる あなたは相手に何をしてああげられますか?

f:id:hirume:20170614224820j:plain

ではどうしたらいいのでしょうか。

それは、相手に何をして上げれるのか、と考えることです。

結婚は五部と五部。どちらかが一方的に与えるものではありません。

自分は相手に何が与えられるのか、どうしたら相手を幸せにしてあげらるのか。

こう考えることです。

それが結婚する前はもちろん、結婚してからも、ふたりが幸せに生きていくための考え方です。

結婚は支え合い。ひとりでは生きていくことは大変でも、ふたりなら様々な問題も解決していくことができるのです。

また結婚する相手の男性も、そうした考えをもつ人を選ばなければなりません。

家事は女がして当たり前、女は黙っていろ、子育ては女がするものだ、浮気は男の甲斐性。

こんな考えを持つ男性と結婚していはいけません。

大事なのは、相手の収入ではなく、あなたとふたりで助け合って生きていける関係を作れる男性を選ぶこと。

結婚するためには、こうした考え方をすることが大事なのです。