アラサー女性 | 手遅れにならないための婚活

アラサーの女性が結婚をするための方法をご紹介するブログです。アラサーでの婚活、かなり困難です。簡単ではありません。ですがそれは実はあなた次第。アラサーでも幸せな結婚をすることはできます。その方法をご紹介します。

結婚詐欺にあった! 慰謝料は請求できる? 満たす必要があるふたつの条件とは!?

婚活をしていて、結婚詐欺にあってしまった時、泣き寝入りしてしまう人が多いようです。

ですが、結婚したいという純粋な思いを踏みにじる男は、許すことができません。

結婚詐欺にあった場合、慰謝料を請求することができます。

では結婚詐欺にあった時、慰謝料を請求するにはどうしたらよいのでしょうか。

そもそも慰謝料ってなに? 結婚詐欺の慰謝料請求にはこのふたつが必要!

f:id:hirume:20170527012635j:plain

慰謝料とは、精神的損害に対する損害賠償金つまり、精神的苦痛を理由として相手側の請求する損害賠償のことです。

結婚詐欺で慰謝料を請求するためには、2つの条件を満たしている必要があります。

それは、

  1. 婚約の事実を証明できる証拠があること
  2. 婚約破棄の不当性を証明できる証拠があること

このふたつです。

それぞれについて解説します。

①婚約の事実を証明できる証拠があること

婚約とは、双方が結婚を意識して行う約束のこと。

法律上は、たとえ口約束でも、それを婚約と認めています。

ふたりで結婚しよう、という話をしたら、それは「婚約をした」と認められるわけですね。

もし相手がそんな約束をしていない、となると婚約の破棄となり、慰謝料を請求することができます。

でも問題は婚約の事実を、証明する証拠が必要です。

その証拠にはどんなものがあるのでしょうか。

  • 結納を取り交わした
  • 結婚指輪を購入して取り交わした
  • お互いの家族の顔合わせを行った
  • 結婚式場を予約した

これらは、婚約の証拠と認められるのです。

②婚約破棄の不当性を証明できる証拠があること

慰謝料を請求するためには、婚約が不当に破棄されたことを証明する必要があります。

「不当に破棄された」という事実が大事なのです。

ここが難しいのですが、婚約破棄を言い出した方が慰謝料を支払うのではありません。結婚に至らなかった原因を作った方に支払いの責任があるのです。

ですので、大事なのは「不当性の証明」が必要なのです。

  • 相手が浮気をしていた(不貞行為)
  • 学歴や経歴がうそばかりだった(履歴詐称)
  • 婚約をする前から借金があったことを秘密にしていた
  • 性格が合わないからと、相手に言われた
  • 親兄弟に反対された、と言われた
  • 一方的に、理由を言わずに別れを言われた

こうしたことを証明する必要があります。

ですので会話の録音、メールのやりとりなどを証拠として保存しておく必要があるのです。

どうやって結婚詐欺の慰謝料を請求する?

f:id:hirume:20170527012649j:plain

慰謝料を請求する方法は3つあります。

①相手に直接会って請求する(示談、和解)

穏便に話し合いができるのなら、それに越したことはありません。

実際はなかなか難しいですが、これで終わるのが一番です。

②内容証明郵便を送る

実際は相手が会いたがらないことが多いでしょう。

こうした場合は弁護士に頼んで、「内容証明郵便」を送ってもらいます。

弁護士が相手との間に入ることで、いろいろと心強く感じることができるでしょう。

多少お金はかかりますが、弁護士に相談するのは基本です。

③民事裁判において慰謝料を請求

民事裁判で、慰謝料を請求します。

あなただけでも裁判を起こすことができますが、これも弁護士を依頼した方がよいでしょう。

結婚詐欺はお金がからむと詐欺罪! お金が絡まないと慰謝料を請求!! まずは弁護士に相談を!

f:id:hirume:20170527012737j:plain

実際にお金をだまし取られた場合は、詐欺罪になります。

まさに結婚詐欺ですね。

結婚詐欺とは「結婚願望などの心理につけ込んで、金品をだまし取ること」

これは完全に「詐欺」です。

お金がからんでいなければ、「婚約破棄」や「婚約不履行」となり、慰謝料を請求することになります。

この時、式場のキャンセル料、またはそれ以外に結婚の準備にかかった費用は、損害賠償として、別に請求することもできます。

実際に結婚詐欺にあった場合、自分ひとりいろいろとやるのは大変です。

特に詐欺を働くような男です。女性のあなたとしては、まずは弁護士に相談するとよいでしょう。

各県には、弁護士会があり、法律相談を実施しています。金額はだいたい30分5,000円前後です。

または市町村では無料の法律相談を実施しているところもあります。

まずはそこで相談してみることをおすすめします。

詐欺にあわないことが一番です。ですが、もし思い当たることがあるのなら、ひとりで悩まず弁護士に相談しましょう。