アラサー女性 | 手遅れにならないための婚活

アラサーの女性が結婚をするための方法をご紹介するブログです。アラサーでの婚活、かなり困難です。簡単ではありません。ですがそれは実はあなた次第。アラサーでも幸せな結婚をすることはできます。その方法をご紹介します。

アラサー処女 初めての婚活セックス 気をつけたい7つのこととは!?

アラサー処女が、婚活をして始めてセックスをする時には、どんなことに注意をすればいいのでしょうか。

結婚とセックスは切っても切れない関係にあります。

夫婦は法律でセックスすることが認められていると言っていいでしょう。

婚活中にセックスをすることもあります。

もしその時、あなたが処女ならば、初めての婚活セックスで、どんなことに注意をすればいいのでしょうか。

そこで注意すべき7つのことをご紹介します。

30dai-kekkon.hatenablog.com

f:id:hirume:20170509012447j:plain

①気持ちがいい=好きではない

初めてのセックスは、気持ちいいどころではないと思います。

ただ痛いだけ、何がいいのかわからない、という場合が多いでしょう。

ですが、相手の男性とのセックスの相性が良く、最初から気持ちがいい、ということも実際にあります。

また何度目かのセックスで、快感を得ることができるでしょう。

その時、気持ちがいいことと、相手が好きであるということを、分けて考える必要があります。

どんなにセックスが良かったとしても、それは相手のことを好き、ということではありません。

体を重ねると、情が移ってしまうことがあります。それを好きだと勘違いしないこと。

例えセックスをしても、相手のことを冷静に判断しなければなりません。

セックスで気持ちがいい=相手のことが好き、というわけではありません。

もちろん、ある程度交際が進み、結婚を考えているのなら、いいのです。ですが、そうでない場合、セックスをしても、相手が結婚相手として適切に判断しなければなりません。

②処女であることを、相手に伝える

男性と出会い交際をスタート。

最初はお互いにぎこちない交際になります。

ですが、何回か会ううちに打ち解けることができ、信頼関係を築けそうなら、処女であることを打ち明けた方がいいでしょう。

結婚してから、処女であることがわかっても、それが原因で離婚されることなんてことはありません。

ですが、プライベートなことは、結婚前に打ち明けておいた方がいいでしょう。

婚活の交際では、できる限り秘密がない状態で、結婚をした方が、後々トラブルになりません。

打ち明けにくいかもしれませんが、そこは正直に、相手の男性に伝えるようにしましょう。

③デリケートゾーンをきれいにしておく

もしあなたが処女ならば、デリケートゾーンのケアをきちんとしておきましょう。

セックスをしたことがない女性のアソコ、つまりデリケートゾーンには恥垢がたまっている場合があります。

毎日お風呂には入ってはいると思います。ですが、デリケートゾーン、きちんとケアしている自信はありますか?

ひだの隙間に恥垢がのこっていませんか?

自分のアソコをきちんと洗えますか?

デリケートゾーンは、きちんと洗っておかないと、意外と汚れが残っています。

その汚れが雑菌の繁殖を招き、臭いとなります。アソコが臭い女性は、男性に嫌われます。

ですので、婚活を始めたら、必ずデリケートゾーンのケアをしておきましょう。

30dai-kekkon.hatenablog.com

④相手の男性がうまく出来なくても、非難しない

あなたが処女であるように、男性の中には童貞で婚活をする人もいます。

そういう男性と交際することになり、セックスがうまくできなくても、たとえ上手じゃなくても、非難してはいけません。

もし相手の男性が真面目で、信頼できそうなら、なおさらです。

なんでも最初はうまくいきません。ましてや、処女と童貞では、最初から上手に、と言ってもそれは無理な話。

そこはふたり協力して、お互いがどうしたら気持ち良くなれるのか、探りながらセックスをしましょう。

ふたりとも初めてなら、うまくいかないと最初から悟って、そこは話をしながら、進めるとよいでしょう。

⑤避妊は完璧なほどする

婚活では、どこかのタイミングでセックスとなることがあります。

その時、避妊は完璧ぐらいにしておかなければなりません。

結婚までカウントダウン、というならば、子供を作るのはありでしょうが、まだそうでないのなら、妊娠なんて絶対にしてはいけません。

ですので、処女のあなたでも、避妊具は隠し持っていた方がいいのです。

男性がいつも持っている、あるいはホテルに必ず置いてある、というわけではありません。

お互いの気持ちが盛り上がってしまい、そうした関係になった時、避妊具を持っていない場合、外にだせばいいや、なんてのは危険すぎます。

傷つくのはあなたなのです。婚活中に妊娠なんて、絶対にあってはなりません。

ですので、恥ずかしがらず、避妊具、コンドームですね、これはこっそりと隠し持つようにしましょう。

30dai-kekkon.hatenablog.com

⑥耳年増にならない

耳年増になってはいけません。

セックスはこうするものだ、という考えがあるようでしたら、それを捨てた方がいいでしょう。

実際にセックスをしたことがないと、つい頭の中でイメージが膨らんでしまいます。

またはいろいろは情報だけが入ってきてしまい、ついつい耳年増になりがちです。

たとえばセックスではフェラチオをしなければいけない、とか男性がクンニをすべきだとか、いったことですね。あとはきちんとイカないといけない、とか。

婚活のセックスは、裸のお互いを確認するくらいの気持ちでいいのです。肌を合わせることが大事なのです。

あなたが初めてのセックスでイケなくても、また逆に男性がイケなくても、それでいいんです。

なによりあなたも初めてなのですから。

ですので、相手の男性に、セックスに関して多くを求めてはいけません。

特に婚活をしている男性は、セックスに関する経験値が低い人もたくさんいるのです。

ですので、相手を大目に見てあげましょう。

⑦替えの下着を用意しておく

セックスの時は、下着が汚れてしまうことがあります。

そんな時、洗えればいいのですが、そうでない時の方が多いのです。

泊まりになった時、2日続けて同じ下着は履きたくないですようね。

ですので、婚活デートの時は、予備の下着をいつも用意しておきましょう。

また婚活の時は、いつでも勝負下着で行きましょう。

あまり派手ではなく、清楚な感じがオススメです。

男性は、女性の下着に幻想を抱いている場合があります。ですので、その期待に応えるべく、シンプルで上品な下着を身につけましょう。

アラサーで処女でも何も恥ずかしくない!

f:id:hirume:20170509012459j:plain

アラサーで処女であっても、恥ずかしいことはまったくありません。

これからでも、セックスの喜びは十分に味わうことができます。

結婚をすれば、自然とセックスをするようになります。

ですので、処女であることをネガティブにとらえる必要はまったくありません。

処女をありがたがる男性もたくさんいます。もちろんそうではない男性もたくさんいます。

あなたがたまたま処女であるだけで、それは結婚にマイナスになることはありません。

ただ婚活での初めてのセックスは、結婚を控えてのセックス。

ですので、自分の身体は自分で守らなければなりません。

相手の男性が性病を持っていた、なんてこともないとは限りません。

ですので、基本はあなた自身で、自分の体を守る必要があります。

けっして無理はしない、嫌だったら、途中でもやめる。これがあなたを守ることになります。

くれぐれも無理をせず、婚活セックスを楽しむようにしてください。

30dai-kekkon.hatenablog.com