アラサー女性 | 手遅れにならないための婚活

アラサーの女性が結婚をするための方法をご紹介するブログです。アラサーでの婚活、かなり困難です。簡単ではありません。ですがそれは実はあなた次第。アラサーでも幸せな結婚をすることはできます。その方法をご紹介します。

婚活で結婚するためには共稼ぎを認める! 高収入の男性は最初から探すのを止めること それが早く結婚す秘訣

婚活で早く結婚したかったら、共稼ぎを認めましょう。

高収入の男性を探していては、はっきり言って結婚できないでしょう。

年収500万円も、それは高望みです。

最初から、共稼ぎを前提に婚活をすることで、収入はそれほど高くなくても、性格のいい真面目な男性と結婚することができます。

そうした真面目な男性と、共稼ぎで頑張ることを良しとしましょう。

婚活では共稼ぎを認める! 最初から高収入の男性は狙わないこと!!

f:id:hirume:20170424003609j:plain

もちろん真面目で高収入の男性と結婚したい、と思う気持ちは決して悪いことではありません。

それはあなただけではなく、多くのアラサー女性は感じているでしょう。

ですが、はっきり言って、そうした男性は数が少なく、非常に競争力が高いのです。

高望みをしていては、なかなか結婚できません。

もちろん夢と持つことは悪いことではありません。ですが、あなたには時間がないはずです。

そうした男性を探していて、ただ歳だけ取ってしまったらどうしますか?

油断をしたら、高齢出産となる35歳を過ぎ、40代に突入です。

その前に結婚をしたいのなら、現実を見て相手を探すべきです。

そのためには、年収はそれほど高くなくても、真面目な男性を探すこと。そしてその男性と共稼ぎを前提に結婚をすることです。


共稼ぎが当たり前の時代 共稼ぎを認めることで、確実に結婚相手を見つける!

f:id:hirume:20170424003621j:plain

今の時代、実は共稼ぎが当たり前なのです。

1995年あたりから共稼ぎ世帯と専業主婦世態との数が逆転し始めます。2016年の段階で共稼ぎ世帯が1,129万世帯、専業主婦世帯が664万世帯と、共稼ぎ世帯の方が圧倒的に多いのです。

f:id:hirume:20170424002841j:plain
『独立行政法人 労働政策研究・研修機構 専業主婦世帯と共働き世帯』より

共稼ぎをすることは決して恥ずかしいことではありません。

あなたのまわりの夫婦を見てください。ほとんどの夫婦が共稼ぎをしています。

今こそ、夫婦が助け合って生きていく時代と言えるでしょう。

また共稼ぎをすることで、世帯収入も増えますので、それなりの暮らしを実現することができます。

多くの男性は奥さんに働くことを望んでいます。実際、婚活をしている男性の多くは、共稼ぎを希望しています。

そうした中、かたくなに高収入の男性と希望するのは、決して現実的ではないのです。

逆の言うと、共稼ぎの男性との交際を認めることで、選べる男性の幅がぐっと広がるのです。

プロフィールを書く時に、共稼ぎをします、と書くことです。

そうすることで、多くの男性との交際するチャンスを得ることができます。

男性から見ても、年収500万以上希望というアラサーの女性は、結婚の選択肢には入らないでしょう。

共稼ぎを良しとし、夫婦で助け合うことをいとわない女性の方を選びます。

もしあなたが早く結婚したいのなら、共稼ぎをすることを認めましょう!